立役者バックスに憧れる裏付け

俺は昔から喫茶店日雇いに憧れております。

その中でもナンバーワンバックスの日雇いは私の欲です。
ドトールやタリーズも良いですが、とにかくナンバーワンバックスが良いだ。

なんでこんなにナンバーワンバックスの日雇いにあこがれるかと言うと、
それは、最高からです。
とりわけ、喫茶店日雇いというだけでノイズも良いですし、全く取り柄できそうですし、
再びナンバーワンバックスで日雇いしてるなんて言ったら夫人にモテること間違いありません!

ただし、俺はナンバーワンバックスに行ったことがなく、店内がどんな風になっているのかすらわかりません。
四国の片田舎の言い方もなき村で出来上がり育った俺において、ナンバーワンバックスは未知の世界であり、遠いひとつなのです。
ほぼ、自家用車を走らせる要所1年月強のところにナンバーワンバックスがあるにはあるのですが、
ただし、俺は自家用車の資格は秘めるものの、資格を取得してからは一度たりとも運行をしたことのない、
いわゆる紙乗員なので、なんだか叶わないのです。
だからこそ、あこがれるのです。

俺は芸能人が大好きだ。俄然芸能人の話をしてゴメンナサイのですが、
芸能人のインターネットブログを毎日よむのが私のワンパターンになっています。
日々身を粉にして絡み、頭が荒みきった時でも、
芸能人さんのインターネットブログを読めば瞬く間に元気になるのです。

その多くの芸能人さんたちのインターネットブログには、時時登場するとある定番の映像があります。
それは、まぶしい笑顔で、口にはストローが咥えられ、片手には飲み物が入ったカップを持っています。

そうです、ナンバーワンバックスだ!!

芸能人さんたちはどういった動機か、たまーに「スタバ行ったよ♪」みたいな冠で
その定番の映像と共にインターネットブログをアップするのです。
それがファッショナブルだと思い込んでいるのです。(いざオシャレだ)

その定番の映像に写って要るカップをすばらしく見ると、なかなかマジックで書かれてある。
これは、日雇い店員場合ちゃんが、用命の内容をアルファベットなどでカップに書き記したもので、
バリスタちゃんそれを頼りにコーヒーなどの飲み物を作ります。
こういうシステムはナンバーワンバックスのひとつのイメージであり、ラフに書かれたアルファベットがまた最高わけです。

ただし、これが極稀なことなのですが、アルファベットと共に「Fight!」などと書く店員がいらっしゃる。
さぞ、人手がその芸能人さんのオタクなのでしょう。
なにか会話をするわけでも無く、握手や映像を捜し求めるわけでも無く、
カップにさり気なく「Fight!」って陳述を混ぜる。

そうです、これこそが俺がナンバーワンバックスの日雇いにあこがれる最大の理由であります!
こんな陳述を送られた芸能人さんは強制「なんて素敵な人手なんだろう…」って
瞳を想いにさせて喜んでいる!
これは妬ましいぞ!うらやましすぎるぞ!
いよいよ明日からでも都心へ赴きナンバーワン背後の日雇いを始めたい気分です!iphonejpn.com