忘れかけてた人類は思い出してほしい。

今日はまって掛かることをつらつらという…

おはようございます(^^)
今日はまっているのは主にスマホのソーシャルゲームだ。
とりわけはまっているのは今も支持が揺るぎないBLEACHという戯画のソシャゲだ。KLabというビッグなショップが作っていらっしゃるのですがそれが再びクオリティがまったく高くて昔の追っかけもビックリのクオリティではないでしょうか!
版権もののレクリェーションって随分追っかけを満足させるクオリティにはなりづらいというか、コレジャナイ第六感のあるものが多い印象ですがこういうレクリェーションは内容修得という身元があるほど作品に詳しいほうが係員における結果、追っかけ用でレクリェーション組み立てをなされていらっしゃる。その力不足なのでしょうかね。
ただ検索してみると言わばあんまりひどい評価も散見してしまうのですが、個人的にはずいぶん満足のいくクオリティ。フルボイスで3Dで性分の動向や演出もシナリオ再現率が至極高いのです。ソシャゲはガチャといって推測のガチャガチャを代金を少し払って引いて運が良ければ新性分継続という体系。運勢が悪ければ・・という闇のパートもありますが主として望んだ性分は当てはまるやり方なので楽しんでいます!

暮らし寄り添うことはマニアだけじゃ不能

好きだから結婚式したい。

暮らしを寄り添う上で大事な情緒だ。

も、『マニアだけじゃ結婚式できない』ってしばしば言います。

いまだに恋に恋してるような若い頃なら今ひとつ謳い文句じゃないかなと思いますが、生きて色んなチャレンジをしてると本旨がわかって現れる。

参考サイト

アニマルをマニアだけじゃ飼えない。こいつに置き換えて考えると分かりやすいと思います。

アニマルがマニア→アニマルを飼いたい→用心がある→糞弁の用心、めしの用心、犬ならお散策、疾病になったときの用心、エンディングを見届けるイベント。

進め方には情愛が不可欠です。

自分のイベントよりもアニマルが先。

マニアとは別にそのお子さんに一切を注ぎたい、注ごうと思えるだけの情愛。

アニマルは人類よりも寿命が少ない。

それでも15階層20階層と通じるアニマルにとっての暮らしを助ける、寄り添う決断があるのか。不愉快になって投げ出さないか?

それができるのは、ただマニアだけではなく自己犠牲を苦ともふっと見込める情緒があるか。

結婚式も一緒で、好きだからではなく、あちらの生涯何があっても自分が支えたいと思えるか。

わたしよりもあちらを優先して考える事ができるか。

一番大事なのはそちらじゃないかなと思います。

その情緒が、好きではなく情愛なんだと思います。

暮らし寄り添うことは奥深い情愛がなければできない。

ただ好きでは不能。

忘れかけてた人類は思い出してほしい。

まだまだ知らない人類は、これからの触れ合いの中で見つけてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です